ひざ痛(変形性膝関節症)

初めに

日本では患者数約700万人といわれ年間3万5000人が手術(全人工膝関節置換術)を受けています。女性で肥満の人は平均体重の人に比べて発現率は4〜5倍といわれます。膝の十字靱帯や半月損傷で半月板切除術を受けた人の約90%は変形性膝関節症になるとの報告もあります。O脚、X脚などの問題があると変形性膝関節症になりやすいようです。膝の症状が1ヵ月以上継続するようなら生活様式の見直し、理学療法、運動療法、投薬の適応です。歩行に支障がでればヒアルロン酸の関節注射も検討していいと思います。

変形性膝関節症とは?

膝周辺の筋力が低下し、膝関節のクッションである軟骨がすり減った状態です。
その結果膝に炎症が起きて痛みを生じます。痛みは炎症がおさまれば改善します。
軟骨を元に戻すことはできませんが元に戻らなくても炎症がおさまれば症状は改善します。
医学的にいえば関節軟骨、関節構成体の退行変性と、それに続発する軟骨・骨の破壊および増殖性変化の結果起こる疾患で、ほとんどが診察とレントゲン検査で診断がつきます。

変形性膝関節症の症状

【初期症状】
動き始めの「膝の違和感」が最初の自覚症状です。特に朝起床時、長くイスに座った後の歩き始めに自覚します。この時期の痛みはあってもすぐ改善します。

【中期症状】
痛みをはっきり自覚するようになります。特に正座、しゃがみこみ、階段昇降で痛みが出現するようになります。膝が完全には曲がらなくなったり、伸びなくなります。炎症が強いと膝に水がたまる(関節水腫)ようになります。しかし関節水腫を自覚する人は少なく膝が重くだるいと感じているだけのようです。

【末期症状】
痛みのために日常生活に支障をきたすようになります。お使い等の外出にも痛みがあるようになると活動範囲が狭くなり徐々に家に閉じこもりがちになってきます。

変形性膝関節症の治療

保存的療法手術療法があります。

保存的療法には運動療法生活指導薬物療法装具療法理学療法があります。
【運動療法】
SLR訓練、歩行訓練、等張性膝伸展筋訓練などがあります。
仰臥位で踵を10cm拳上して5秒間保持する運動をSLR(straight leg rising)と言います。
SLR訓練を20回1セットとして1日2セット行います。運動療法は実際に指導いたします。その後は自宅で訓練できます。パンフレット(順天堂大学 黒澤教授監修)もお渡しして説明します。1〜3ヶ月続けると効果がでてきます。

運動療法の効果はこれまでは筋肉がついた結果の関節の安定化だけと考えられていました。しかし筋力がついてくる前から痛みが改善してきます。最近では関節包のpumping効果や関節液の対流効果も報告されており関節水腫の改善が認められています。そのため運動療法は保存的治療の主たる治療と位置付けられますが、生活指導、装具療法、薬物療法、理学療法と併用することで治療効果が向上すると考えています。


【生活指導】
太らないこと、膝によくない動作(正座、和室トイレ、負担の大きいスポーツ)の制限、歩行時に杖を使うことが主な内容です。


【薬物療法】
消炎鎮痛剤は必要な時に使い、漫然と継続しないことが大事です。
アメリカ整形外科学会のガイドラインではまず消炎鎮痛剤や生活指導を1〜4週間行ってその効果が低いようであれば運動療法を行うようになっています。漢方薬は当院では消炎鎮痛剤が使えない患者様だけでなく通常に投与しています。
ヒアルロン酸注射は歩行に支障があれば試してよいと思います。膝関節の潤滑、保護、抗炎症作用があり、関節症進展を抑制します。しかし、関節破壊が進行した場合には効果が劣るようです。関節水腫を認めた場合は水を抜いてステロイド注射を行います。水腫のある関節炎を認めたら怖がらずに早期に注射を施行した方がいいと思います。火事に例えるなら火の勢いが強くならないボヤのうちに消し止めるのと同じと考えたらわかりやすいと思います。但し、ステロイド注射は副作用もあり長く使う注射ではありません。


【装具療法】
O脚の患者様の変形性関節症に楔状足挿板の適応があります。しかしO脚の強い症状(FTA180度以上)には効果が劣ります。装具は保険治療でできます。


【理学療法】
温熱、低周波療法を主に行います。


【手術療法】
日本では全人工膝関節置換術が年間3万5000件施行されています。手術成績は安定して良い評価です。高齢者でも安全に手術できるようになってきました。当院では手術はできませんので順天堂の関連病院等へご紹介いたします。

最後に

変形性膝関節症は年齢だけの問題ではありません。生体の力学的機序・生化学的機序・免疫学的機序など多くの因子が関与して発症、進行することが分かってきました。高齢だからとの理由であきらめないで通院、治療することで進行を遅らせたり、QOL(生活の質)の改善は期待できますので一度ご相談下さい。